注目の記事 PICK UP!

baserCMSサイトをGoogle Search Consoleに登録してみた

私はいつもGoogle Search Consoleに登録して色々チェックしています。
baserCMSサイトをいつもと同じように登録しようと思ったらつまづいたので、記事にしておきます。

サーチコンソールにいつもと同じ手順だと登録できない!?

Google Search Console(サーチコンソール)は、前はウェブマスターツールと呼ばれていたものです。サイトを登録しておくことで、Googleでの検索結果を細かく確認できたり、自分のサイトのパフォーマンスを監視することができます。
無料で利用できるうえに、何か問題があった場合にはすぐ対処できるので好きです。

おすすめの方法は、普通のアップ先ではダメ

通常、「プロパティを追加」から登録をスタートし、指定の方法でサイトの所有権の確認をしますが、baserCMSサイトの場合このサイトの確認部分でつまづきました。

今までは、普通におすすめの方法となっているやり方で登録していました。
FTPソフトを使い、サーバーに指定のファイルをアップロードして、クリックして確認すれば完了のはずが・・・
・・・えっ・・・!
・・・マジ・・・?
毎度この手順で慣れていたのに、今回は確認できないと言われて・・・

いつもと違うというのは、確認ボタンを押す前に自分でもわかったんですよね。
普段なら、ファイル名をクリックすると、表示されたページにはそのファイル名の文字だけが表示されているのに、今回は普通に「見つかりません」という表示でサイトがちゃんと表示されていましたから。

indexと同じ場所のドメイン直下にアップロードではダメなんだ・・・
一時的に中身を変えるのも、それが原因で何か不具合が起こるのも嫌だしどうしよう。

検索しても、全然情報出てこないじゃん!!(T_T)

しかし、作業も終わってこの記事の下書きを書いたあとに、ツイッターから情報を発見!
サーバー直下ではなくて、appフォルダ→webrootに置くらしいです。
↓こちらで教えてもらいました。
http://century-ohashi.officialblog.jp/BaserCMS.htmlBaserCMS

別の方法は4種類

とりあえず、作業している時点ではわからなかったので、別の方法というタブで紹介されていることを試すことに。選べる種類は、4つ

  • HTMLタグ
  • ドメイン名プロバイダ
  • Googleアナリティクス
  • Googleタグマネージャ

この中だと、baserCMSサイトですんなりできそうなのは「HTMLタグ」と「Googleアナリティクス」ですね。

GoogleアナリティクスIDで所有権の確認をしてみた

アナリティクスは、すでにサイトを複数登録してあったので、私は一番これが簡単だと思って選びました。アクセス解析をどうしようと思っている方なら、アナリティクスに登録した方が色々スムーズですね。
アナリティクスの登録やサイト追加に関しては、いくらでも検索ヒットするので確認してみてください。

IDを取得したら、baserCMSサイトにも設定しておきます。

「システム管理」をクリックすると、「サイト基本設定」が表示されます。
右下のオプションをクリックするとGoogle AnalyticsのトラッキングIDを登録する項目があります。ユニバーサルアナリティクスは、私は利用していないにチェックを入れました。

アナリティクス設定

これで、アクセス解析としてもGooglleアナリティクスを利用できるようになりました。念のため、きちんと反映させるためにキャッシュの削除をしておきます。

では、ここでサーチコンソールに戻ります。
「Googleアナリティクス」を選択して、Uで始まるIDを記入したら手順にそって確認するだけ。
これですんなり所有権の確認はOKです。
Googleアナリティクスの登録は細かい設定など特にしなければ難しいことはないので、あっさりできると思います。

では、続行と表示されていると思うので、そこをクリックしてサイトマップの登録をしておきます。

スポンサードリンク

Search Consoleでサイトマップを送信

サイトマップを送信するためには、「Sitemapxml(サイトマップXMLクリエーター)」というプラグインを入れておかないといけません。

そして、このプラグインはWPのプラグインと違って自分で出力しないといけないような感じのため(違ったら教えてください)、プラグインの画面に言って出力するボタンをクリックします。

画面右上の「プラグイン管理」をクリックすると、プラグインが一覧で表示されているので、Sitemapxml(サイトマップXMLクリエーター)の管理ボタンをクリック。

サイトマップ

生成実行のボタンを押せば、出力されます。

サイトマップ

そして、このサイトマップの位置をわかっていないと、Search Consoleで設定する時に記入できないので、出力先はよく確認をしておきましょう。
出力先は、ドメインのフォルダ名のあとにapp/webroot/sitemap.xmlと書かれていますが、この「webroot」フォルダというのはbaserCMSだとドメイン直下の意味になるらしいので、サーチコンソールには「ドメイン名/sitemap.xml」と書いてテストすればOKです。
結果が間違いなければ、本番の送信をしておけば完了です。

サイト更新したら自動でサイトマップも更新されたら便利なのに・・・
でも、検索ロボットが巡回した時には、このサイトマップのおかげで効率よく巡回してくれそうです。

このプラグインを使わない場合には、手動でFTPにアップするのもいいかもです。
私は、↓こちらでサイトマップを出力して利用させてもらいアップロードしています。
サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

他の方法:「HTMLタグ」を追加して所有権確認するには?

もうひとつ、これならできるだろうと思った方法が、先ほど書いたように「HTMLタグ」です。

ただし、私はアナリティクスで完了させてしまったため、実際に確認したわけではありません。普通ならできるだろうって話です。次にbaserCMSでサイトを作った時には、この方法で試してみたいと思いますが、できないとしても責任とれませ~ん。

このHTMLタグは、指定のタグが表示されるので、それを<head></head>の間で<body>の上に貼ることになっています。つまり、</head>のすぐ上に入れておけばいいということです。

baserCMSで、この情報が記載されているファイルはheader.phpファイルです。
このファイルは、前の記事でfooter.phpを探したのと同じ手順で探します。

テーマ管理で現在のテーマ写真下にある青い管理ボタンをクリックします。

テーマ管理

レイアウトテンプレート一覧が表示されたら、エレメント一覧に進みます。
すると下にファイルの一覧があって、footer.phpのもう少し下にheader.phpファイルがあります。
編集ボタンをクリックすると、一番下に</head>と表示されていますから、その上に指定のタグを貼り付け、保存をします。

念のため、キャッシュの削除を実行しておけば安心でしょう。
あとは、Search Consoleに戻って、作業の続きを行えばOKです。・・・のはず・・・だと思います。

しつこいですが、今の時点では、確認しておりませんので自己責任で!

ファイルの編集ボタンを押す時に、うっかり削除しないようにさえ気をつければ、貼る位置はシンプルですから、難しくはないでしょう。
あとは、先ほどのサイトマップの送信をしておけばいいですね。

ちょっとしたことなのに、情報量が少ないとこういう時に焦りますね。
どなたか私のように、えっ?マジ!?と思った方のお役にたてますように・・・

スポンサードリンク

関連記事

  1. baserCMSでサイト作成♡手順その2【 ratio_3_2編】

  2. beserCMSを簡単インストールした手順と感想♡

  3. baserCMSでサイト作成♡手順その4【 ratio_3_2編】

  4. ロリポップに独自ドメインの追加。beserCMSをインストールする前の準備!

  5. baserCMSサイトにGoogle AdSense広告を設置

  6. baserCMSでサイト作成♡手順その1【 ratio_3_2編】

  7. baserCMSで、Youtube動画のスマホ最適化をする方法

  8. beserCMSとは?WordPressと使用感を比べてみたい♪

  9. baserCMSでサイト作成♡手順その6【 ratio_3_2編】

スポンサードリンク

特集記事

  1. 私が利用しているおすすめのオンラインストレージ
  2. 料理・食材・スイーツなど食事関連のフリー素材サイト
  3. baserCMSでサイト作成<まとめページ>
  4. 私が利用しているフリー素材サイトまとめ
  5. WPのテーマならTCD!手軽にオシャレな本格的サイトになる♡

最新記事

人気記事

Twitter でフォロー

PAGE TOP