注目の記事 PICK UP!

baserCMSでサイト作成♡手順その6【 ratio_3_2編】

なんだかここまで長かったですね~。慣れてしまえばサクッとできそうですが。
今回は、お問い合わせフォームを修正してから、プラグインを入れてみたいと思います。

お問い合わせフォームの変更

前回、アイコンの変更をした時にお問い合わせのメールアイコンがありました。
そこをクリックして出てくるページには、資料請求などの表記がありましたので、それを修正したいと思います。実際に資料請求してもらうような方は、修正の必要はありません。

マルチチェックボックスの非表示と変更

では、早速修正していきましょう。
右上のシステムナビから、メールプラグイン→[お問い合わせ]フィールド一覧を選択。
そこに、お問い合わせページに記載のある内容が一覧表示されています。

システムナビ

私は、チェックボックス自体が不要なので、お問い合わせ項目を編集して非表示にしておきます。削除しないのは、問い合わせの種類を分けて見たくなった時に、すぐ使えるようにしておくためです。

お問い合わせ項目の編集画面では、下の方に、選択リストがあます。
資料請求|問い合わせ|その他
このように書かれていますから、利用する方で記載内容を変えたい場合には修正しましょう。
チェックボックスは、「|」を入れることによって、増やすこともできます。

非表示にするには、右下のオプションの中に、利用するのチェック項目があります。
このオプションには、拡張入力チェックの項目もあるので、見直しておくといいですね。
最初の状態では、チェックボックスを未入力だとチェックされるようになっています。

完了すると、利用しないを選択したのでグレーになっていますね。

お問い合わせフィールド

メールの送信先・送信先名・件名の変更

これで完了ではありますが、ひとつ注意があります。
メールが届くのは、自分のメアドではなくて、この管理者用メールアドレスだからです。
お問い合わせの送信先を変更するには、[お問い合わせ]設定の変更も必要です。

「別のメールアドレスに送信する」を選択しておけば、確認しやすいと思います。
普段確認するメアドと、サイトの登録などのメアドが違うという方は、問い合わせを見過ごしてしまうかもしれないので、気をつけてくださいね。

その他、ページに記載の文章などを変更したい場合なども、ここで直しておきましょう。
私は、実際に自分で問い合わせをしてみて、到着したメールが迷惑メールに間違えられそうと思ったので、少し修正しました。

修正した箇所は、
・送信先名 お問い合わせフォーム→サイト名+管理人
・自動送信メール件名(管理者宛) お問い合わせフォーム→サイト名+お問い合わせ

お問い合わせページの修正が完了したら、必ずログアウトして自分で問い合わせしてみてください。再度ログインすると、管理画面でも受診メールの確認ができます。

プラグインのダウンロードと追加

あとは、プラグインを導入すれば完成です。

プラグインは、お好みで~というのが普通ですが、baserCMSの場合は必ず入れないと困るプラグインがあります。
それが、アップローダーです。

スポンサードリンク

アップローダー

baserCMSで新規に記事を追加しようとすると、無料ブログのようにイメージという絵のようなアイコンがありますが、それではアップロードして挿入することはできません。アップロードする機能が標準装備されていないようです。
なんで???なんで???なんでアップロード標準装備じゃないの???

気を取り直して、早速、baserマーケットに行ってダウンロードしましょう。
https://market.basercms.net/

他にも、入れたいプラグインがあるので一緒に入れてしまいます。

・Ping送信プラグイン
・サイトマップXMLクリエーター
・サジェストプラグイン
・ポピュラーブログポスト

実際に使ってみないとなんとも言えないので、しばらく利用してみます。

各プラグインをダウンロードしたら、baserCMSにアップロードします。
プラグイン管理メニュー→プラグイン新規追加

プラグインアップロード

アップロードが完了すると自動的にプラグイン一覧ページに移動します。

Ping送信プラグインの設定でエラーが・・・

Ping送信プラグインは、送信するかどうかの設定が必要です。
しかし・・・ここでまたやっかいなことが・・・

最新のPing送信先を検索して入力後送信しようとしても、ロリポップの「指定されたページ(URL)へのアクセスは禁止されています」画面になってしまいます。

う~~ん・・・面倒・・・
でも、Pingはやっぱり送信したいよな~と思ったので、サポートフォーラムで同じ現象の方の質問解答の作業をやってみました。

Ping送信設定の前にしておくこと

1.FTPでinstall.phpのパーミッションを変更
FTPソフトで、appフォルダ→Configフォルダ→install.phpを見つけ、このファイルの上で右クリック。
パーミッションを変更するとか、属性変えるとか出ると思うので(ソフトによって違う)ここを600の数値に変更します。最初は400になっていました。

2.ロリポップでWAFを無効にする
ロリポップには、WAFというPHPファイルを勝手に改ざんされないようにするファイアーウォール設定があります。たぶんこれが有効になっていると、エラーが出るので無効にしましょう。

左メニューのWEBツールからWAF設定を選択します。
ドメインごとに記載があるので、「無効にする」をクリックして、すぐ左の設定状態が無効になるようにしましょう。
この設定が反映されるのに少し時間がかかるようなので、しばらく待ってからPing送信を行います。

いざ!Ping設定

プラグイン管理→Ping(Ping送信)を選択。
ブログごとに設定ができるようになっていますから、左側の青いボタンから編集画面を開きます。
Ping送信先を記入後、必要な方にチェックを入れて保存します。
・更新時の送信⇒送信する
・利用設定⇒利用する

Ping送信設定

今回、Ping送信先は、↓こちらのサイトで確認させていただきました。最新だったので♪
http://businesslife.jp.net/1343.html
ありがとうございます!

あとは、記事を書くだけですね。
次回以降は、記事を書く時の注意と、この構築をしている最中に知った注意すべきことを書きたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

  1. baserCMSサイトにGoogle AdSense広告を設置

  2. baserCMSでサイト作成♡手順その7【 ratio_3_2編】

  3. baserCMSでサイト作成♡手順その4【 ratio_3_2編】

  4. 要注意!baserCMSを使い出してすぐ失敗!(T_T)

  5. baserCMSでサイト作成♡手順その5【 ratio_3_2編】

  6. baserCMSでサイト作成♡手順その3【 ratio_3_2編】

  7. baserCMSサイトをGoogle Search Consoleに登録してみた

  8. baserCMSでサイト作成♡手順その1【 ratio_3_2編】

  9. ロリポップに独自ドメインの追加。beserCMSをインストールする前の準備!

スポンサードリンク

特集記事

  1. 私が利用しているおすすめのオンラインストレージ
  2. 料理・食材・スイーツなど食事関連のフリー素材サイト
  3. baserCMSでサイト作成<まとめページ>
  4. 私が利用しているフリー素材サイトまとめ
  5. WPのテーマならTCD!手軽にオシャレな本格的サイトになる♡

最新記事

人気記事

Twitter でフォロー

PAGE TOP