注目の記事 PICK UP!

私流:外注の仕事を増やす方法とは!?

外注の仕事がまた増えました。と思ったら、別のがなくなりました。(T_T)
そして、資金繰りが厳しいと単価を値下げされたりもしました。(>0<)
このように、外注の仕事は不安定です。

私の場合、企業の外注もやっているので、特にクライアントを増やさなくても仕事量を増やすことはできます。

でも、可能な場合にはクライアントを増やすように契約を受けてもいます。
受注できる仕事はクライアントによって、単価も大変さも違うからです。そして最も怖いのが、突然仕事がなくなる!ということもあるからです。

この仕事がなくなるという恐怖が、複数クライアントと契約する一番の大きな理由です。
収入の柱は、複数持っていた方が安全だから。

そして、少しでも外注の仕事を安定して受けたいのであれば、クライアントの見極めは大事です。

募集時にクライアントの対応を見極める

やりやすく長く続けられる仕事を見つけ、さらには外注の仕事を増やしたいと思ったら、クライアントの人柄や対応を見極めることが非常に重要だと思っています。

単価がすごく良くても、やり取りだけで疲れるようでは長く続きません。
多少単価が悪くても、人柄の良い人だと良い気分で仕事ができるし、お互いに信頼しあえれば単価アップや仕事量を増やしてくれることもあります。

募集要項を見るだけでも、ざっくりした判断はできますね。
わかりやすく書いてあるのか、質問しないと意味がわからないのかなど・・・

募集要項は、クライアント側からしても、長くつきあえる人を探す重要なもの。
それを見ても、イマイチ意味がわからん!と思うものには、私は応募しません。実際に仕事を始めると、もっと細かい指示がでるはずだし、途中で変更も多々出てくるはずだから、そのたびにハッキリわからないと修正作業ばかり増えてしまうからです。

精神的にもよくないし・・・
そういうクライアントの仕事って本当にイラつくんですよ。
はぁ~!?そんなこと、最初に言っとけよ!!とか思う(笑)
そういう人って、今まで1名だけいました。長期じゃないからよかったけど。

また、短期の仕事ばかりしていると、仕事を探すことばかりするようになります。

外注の仕事を増やしたいなら、人柄と対応の良いクライアントをひとつ見つけて、長期で働くようにすることがまず第一歩です。

そして、仕事量やクライアントを徐々に増やしていき、スキルアップもしていくのが私流です。

良いクライアントの場合、やったことのない仕事でも丁寧に指導してくれることもあります。私自身、外注を始めてから初めて知った!ということはいっぱい♪かなりスキルアップしています。

まずは、信頼できるクライアント探しをしましょう。単価ばかり気にしないように・・・

辞められたら困ると思われる仕事をする

長期継続
仕事がら、多くの外注さんと関わっていますが、言われたことだけやっておけばいい!と考えている人は仕事が増えていないような気がします。

800文字という指示だから801文字書けばいいと思っている人って結構いますよ。
あとは、100文字程度文章増やす指示が出たら、単価上げてもらえるんですか?とすぐ言ってくる人。自分が雇う側だったらどうですか?嫌ですよね~。

えっ!?他の人は、同じ仕事をあなたの倍近くの文章量書いてたりするんだけど???
1文字単位での仕事依頼ではなくて、内容重視と言ったはずだけど???

そんなことをクライアントに思われたらまず単価アップはないですし、クビ切るタイミングを考えさせるだけです。

スポンサードリンク

大事なのは、指示された仕事にプラスアルファした状態で納品をすること!
プラスアルファは何でもいいんです。
マメに連絡がとれるとか、いつも気持ちの良いような丁寧なやり取りをするとか。

そんな当たり前のこと・・・って思う方もいるでしょうが、実際はできない外注さんは多いものです。連絡しても返事がない、作業が進んでいるのか納品できるのかわからない、コピーした記事を納品してくるなど・・・

しかも、本人は悪気がない人もいるので困ります。
特にコピー記事を納品する人は、悪気もなく参考にしたつもりで納品してくることもあるんですよね。多少リライトすればいいのだろうと、軽く考えて納品してくる人はいます。あとは、リライトしたから!と自信をもっているものの、実はリライトが甘すぎるということがわかっていない人もいます。

検索エンジンは日々賢くなっていますから、そもそもリライトしようという発想から離れましょう。著作権侵害は絶対にダメですから、参考する程度に収めて、オリジナル記事を書くべきです。

まとめると・・・

  • 連絡の返信は早くすることを常に心がける。(無理しない範囲で)
  • 毎回納期日より余裕をもって早めに納品する
  • 途中で、どこまで作業が進んでいるか経過報告をしておく
  • ほんのちょっとしたことでも、こういう風にしておきましたと報告しておく
    (相手が質問しないで良いようにしておく)
  • ウィルスチェックやコピペチェックをしてから納品する

ちょっとした気配りがあれば、クライアントは「この人には長く働いて欲しい。辞めたら困る」と思ってくれるようになります。

新しい人を探すのは大変ですからね。(;^_^A

辞めたら困ると思ってくれた場合、他の人より単価を上げてくれる確率もアップ!!
そんな嬉しいことがあったり、長く働くとボーナスくれるクライアントもいます。
私の場合は、単価アップしてもらったり、面倒な仕事から割の良い仕事に変えてもらったりしました。あとは、次々と追いつけないぐらい仕事くれます(笑)

クライアントは、複数の外注さんの仕事を見ています。
その中で、この人の仕事は一番だと思ってもらえる仕事を納品することを目標にしましょう。

注意すべきは、余計なおせっかい!

余計なこと

よりよい仕事をしようと思っても、気をつけないとそれが余計なおせっかいになってしまうことがあります。

特に多いのは、他でのお仕事がこうだったら、こうしました・・・とか。
気を利かすのはいいのですが、それが相手にとっては余計なおせっかいの場合もあるのです。

さも正しいかのように強気で言う人がいますが、それはただの自己満足です。
私は気が利くでしょ~みたいな。

前にこういうタイプの人と一緒に仕事をしたことがありますが、とにかくイラッとしました。
素直に修正しないし、私はわかっていてわざとこうしてるんです!みたいな強気の態度にイライラ・・・その人は結局翌月にはいなくなっていましたけど。

本当に気が利く人は、ちゃんと事前にこういう事は必要ですか?やりましょうか?と質問します。
確認すれば、クライアントが本当にそうして欲しいのであれば、助かりますと喜んでもらえますし、そうでなければ必要ないとハッキリ言ってくれます。

人によって考え方が色々あるのと同じように、クライアントによっても様々。
他のクライアントのやり方を押し付けるのは、余計なお世話で良いことは何もありません。

自分のことより、相手のことをまず考える。どうすれば喜んでもらえるのか・・・
それが結局は、自分のためになり、仕事が増える大きな要素となります。

そして、人のために気を配って努力をしていれば、だんだんやりやすい仕事が増えていき、自分自身のためになるのです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. アフィリエイターなのにアフィリエイトしていない最近の仕事状況

  2. 私が思う「困った外注さん」と「良い外注さん」とは

  3. 雇われる側の立場は弱いという現実

  4. 2016年の目標は、画像&動画系の仕事をすること

  5. 在宅ワークをする上で大切な心構えとは!?

  6. 記事を書くのは難しい・・・良い記事ってどんな記事?うまくなる方法は?

  7. 潜在意識パワー信じる?最近、仕事に変化があって思うこと

  8. 将来を考えながらユーザーに役立つ資産サイトを作る。私のアフィリエイトの話

  9. 日本語は難しい!「という」と「と言う」の使い分け

スポンサードリンク

特集記事

  1. 私が利用しているおすすめのオンラインストレージ
  2. 料理・食材・スイーツなど食事関連のフリー素材サイト
  3. baserCMSでサイト作成<まとめページ>
  4. 私が利用しているフリー素材サイトまとめ
  5. WPのテーマならTCD!手軽にオシャレな本格的サイトになる♡

最新記事

人気記事

Twitter でフォロー

PAGE TOP