注目の記事 PICK UP!

常時SSL化のためのサーバー選びのポイント(サーバー証明書・独自・共有とは)

これから新規でサーバーを借りるなら、SSL化も頭に入れて借りたいところ。そう考える方も多いのではないでしょうか。
私は、前々回に書いた通りでSSL化するべきだと思っていますから、サーバーも目的に合わせて最適なところを借りるべきだと思っています。

私は個人の在宅ワーカーでありアフィリエイターですから、そんな環境でどんな理由でサーバーを選んでいるのかまとめておきます。

スポンサーリンク

SSLサーバー証明書の種類はドメイン認証でレベル十分

常時SSL化を意識してサーバーを選ぶなら、SSLサーバ証明書について理解しておくこと必要です。これがないとSSL化できませんからね。

SSLサーバー証明書を利用してできることは、ざっくり言えば「通信の暗号化」と「WEBサイトの認証」です。

このサイトは、ちゃんとした人や企業が運営しているから安心!
情報も暗号化して送るから盗聴や改善もされないよってことを証明するということです。

そして、SSLサーバー証明書には3種類あり、それぞれ目的が違います。

  1. ドメイン認証SSL証明書
    ドメイン名所有者の確認ができる証明書です。
    低コストなのが特徴で、無料から高くても2~3万円程度です。
     
  2. 組織認証SSL証明書
    ドメイン名所有者の確認と、企業など組織の法的な実在も確認できる証明書です。
     
  3. EVSSL証明書
    ドメイン名所有者の確認と、組織の法的な実在確認・物理的な実在確認・組織運営確認・承認者や署名者の確認などが確認できる証明書です。
     

当然ながら、この1~3の順に安い~高いと金額も変わってきます。

金額が高いと安心というイメージがありますが、暗号化に関しては差がないと言いますね。
そのため、環境に合わせて取得することになるでしょう。
一般企業やショップ運営などなら組織認証SSL証明書、金融機関などよりセキュリティが必要な環境であればEVSSL証明書という感じですね。

私なら、ドメイン認証でレベル十分です。

  • ユーザーに安心してサイトを利用してもらう
  • 問題なく表示され、セキュリティエラーが表示されることがない

この2つがクリアできているだけで問題がありませんから、暗号化だけで十分ということです。
だから、無料で取得できる独自SSL対応のサーバーを利用します。

ここでもうひとつ疑問がわきます。それが独自・共有という言葉です。

独自SSLと共有SSLの違いは何?


SSL化する際に、SSLサーバ証明書を用意するのは前述のとおりですが、サーバーの標準仕様で共有SSLがついていたりします。
言葉の通り、レンタルサーバーが取得代行した証明書を他の人と共有して利用するタイプです。

それに対して、ドメイン1つに対して1つの証明書を対応させて使うタイプが独自SSLということになります。

証明書:使用者が、
1:複数の場合→共有SSL(他人含む)、
1:1の場合→独自SSL(自分だけ)
ということですね。

ハッキリ言って共有SSLはおすすめしません。私なら絶対使わないので。
いくら無料でも、デメリットが致命的だと思うので、使う価値を感じられません。

スポンサーリンク

共有SSLのデメリット

  • ドメインが変わる
  • 独自ドメインが使えない
  • モバイル対応していない
  • いくら暗号化されても共有している人に何かされたらアウト
  • サーバーの引越しがしづらくなるし、引越しすればURLが変わってしまう
  • サーバー側の細かい制約がある

となると、独自SSLで対応するべきとなりますが、それを無料でできるのが、XサーバーとmixHostというわけです。最初からサーバーで独自SSLを設定可能となっているため、面倒な手続きをする必要もなく常時SSL化することができます。

もちろん、このサーバーじゃないとダメってわけではありませんよ。
年間で1,000~3,000円程度という低価格でサーバー証明書を発行することも可能ですから、検討してみるのもひとつの方法です。

ただ、そもそも探すのが大変だったり、手続きや設定が面倒だったりするので、SSL化って何?というレベルの人がやる必要あるの?というのが本音です。

Xサーバーとmixhostはどちらがおすすめ?


価格で選ぶなら、mixhostでしょう。
プランも自由に変えられてかなり低価格で始めることができます。
SSL化する設定もびっくりするほど簡単なので、初心者向きです。

アクセスが増えて上位プランにあげていくことになった場合も、Xサーバーとスペックはそれほど変わらない高さなのでは?そのため、将来的に考えて引越しを検討する必要もなく、まずは低価格で始められるというメリットは大きいでしょう。

 
信頼と安定を選ぶならXサーバーですね。
まだ新しいmixhostと比較して実績もありますし、Xサーバーを長い間ずっと使っているという人が多い人気サーバーですから、困った時にはいくらでも情報を調べることができます。

複数サイトを運営することになるなら、両方利用するのもいいですね。
どちらのサイトもマルチドメイン対応で複数サイト運営が可能ですが、1つのサーバーだとサーバーダウンなど何かあった時に困りますから、サーバーの分散化も必要だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

  1. CRITICAL PROCESS DIEDでパソコンが死んだ(号泣)

  2. hostsファイルで引越し移転作業!サーバーのIPアドレス確認方法

  3. Google日本語入力が便利。誤字脱字防止や入力スピードアップに最適

  4. タイピングの速度をあげるには、あおられると良い?

  5. 知っておきたい検索方法!上手に調べてスキルアップしよう

  6. AppDataが見つからない?隠しファイルを表示する方法

  7. スーパーリロードでCSSの変更がChromeで反映された!キャッシュの消去とハード再読み込み

  8. AdSenseの「EU ユーザーの同意ポリシー」って何!?

  9. 常時SSL化する?しない?基本的にはやるべきでしょう…と思う件

特集記事

  1. 私が利用しているおすすめのオンラインストレージ
  2. 料理・食材・スイーツなど食事関連のフリー素材サイト
  3. 私が利用しているフリー素材サイトまとめ
  4. WPのテーマならTCD!手軽にオシャレな本格的サイトになる♡


最新記事

人気記事

Twitter でフォロー

PAGE TOP